無線LAN親機(Wi-Fiルーター)の設置場所を2メートル移動させたら家の隅々まで電波が届くようになった話

その他

無線LAN親機(Wi-Fiルーター)の設置場所を少し変えただけで、家の隅々まで電波が届く様になりました。

通信速度を測定してみると

無線LAN親機と同じ部屋の中で今まで55~65Mbpsの間だったところが69~93Mbpsに上昇

繫がり難かった浴室内で今まで19~36Mbpsの間から55~62Mbpsに上昇しました。

インターネット速度が遅い原因は?

自宅のインターネット速度が遅いのは

  • 契約している回線が原因か
  • 古いパソコンを使っているせいか
  • Wi-Fiに問題があるか この3点が思いつきます。

自宅でインターネットを見ているとすぐに反応してくれなくて我慢していたのですが、

費用を掛けずに改善できるのであれば何とかしてみたい と調べていくと

バッファローさんのページに ホントはもっとつながるWi-Fi という記事がありました。

この記事を見るとWi-Fiルーターの設置場所に向いている場所・向いていない場所があるようです。

契約回線の見直しやパソコンの買い替えは費用と手間が関わってくるので今回は手を付けず、

設置場所を変えるとどうなるかやってみました。

今までの設置場所はWi-Fiルーターの設置には不向きな場所でした。

今までの設置場所

部屋の角は無線LAN親機の設置場所には向いていません
部屋の隅の目立たない所

黒く四角い物が無線LAN親機です。部屋の隅の階段下のスペースに隠れるように設置してあります。

この場所に設置した理由はNTTのルーター?の近くで配線を短くするという事で、電波の飛び方等は何も考えずに設置してありました。

先述のバッファローさんのホントはもっとつながるWi-Fiを見ると、部屋の隅や棚の中Wi-Fiルーターの設置に向いていない場所のようです。

株式会社バッファロー(BUFFALO INC.)のWSR-2533DHP2-CBを使っています。

現行品は型式が変わっていますが、機能はほとんど一緒だと思います。

この場所にWi-Fiルーターを設置した状態で通信速度を測ってみると

無線ルーター設置場所変更前の通信速度

同じ部屋の反対側の隅に置いてあるノートパソコンの通信速度は、平日の昼間で55~65Mbps

無線ルーター設置場所変更前の通信速度 浴室内

電波が届きにくい浴室内では19~36Mbpsですが、YouTubeなどはたまに止まってしまう状況でした。

Wi-Fiルーターの設置場所変更

株式会社バッファローさんの情報によるとWi-Fiルーターの最適な置き場所

  • 床から1~2mの高さ
  • 出来るだけ家の中心に

となっています。が 家の中心には置けないので遮る物の少ない壁の中心へ移動させてみました。

Wi-Fiルーターの設置場所変更後 出来るだけ遮る物のない場所

もともと設置してあった場所から

横方向へ2m弱(正確には170cm)移動

高さはほぼ同じ床から180cm位の所です。

設置場所を2m弱横へ移動させた結果、家の隅々まで電波が届く様になりました。

設置場所を移動後、通信速度測定を行った結果

Wi-Fiルーターの設置場所変更後の通信速度

同じ部屋の反対側の隅に置いてあるノートパソコンの通信速度は、69~93Mbpsに上昇

何度も測った結果おおよそ80だいの数値で安定した通信が出来ているようです。

Wi-Fiルーターの設置場所変更後の通信速度 浴室内

電波が届きにくい浴室内では、55~62Mbpsに上昇

浴室内でビニールケースに入れた状態のタブレット端末で、快適にYouTubが視聴出来る様になりました。

2階は設置変更前のデータを取っていなかったのですが、移動後は60Mbps前後の速度で通信できています。

我が家の問題はそこではなかった

そもそも、この通信速度が速いのか遅いのかを調べてみると

オンラインゲームは別として、インターネットや動画視聴には十分な速さがあるようです。

今更ですが、NTTのルーターと有線で繋げてあるデスクトップの通信速度を測ってみると80~90Mbpsでした。

もともとこの回線は80~90Mbpsの速さしかない様です。

それを考えるとバッファローの無線LAN親機の性能はすごいですね
近くであれば有線も無線も速度がほぼ同じです。

通信速度は速ければ速い程良いとは思いますが、オンラインゲームはやらないのでこれで良しとします。

どうやら我が家のパソコンの反応が悪いのはパソコンが古い事が一番の理由の様な気がします。

以上、

広告
その他
おじさんをフォローする
おじさんのやってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました