モグラ除けペットボトル風車の作り方

モグラ除けペットボトル風車DIY

畑や田んぼの土手に穴をあけるモグラを追い払う為にペットボトル風車を作りました。

モグラは振動と音を嫌がるそうなので少し適当に作ってガタガタしている位の方がよさそうです。

数年前から使っていますが、実際にモグラ除けの効果はあります。

(なぜか 野鼠には効果があまりありません)

使用する物

ペットボトル風車 材料
ペットボトル風車 材料

用意する物

  • ペットボトル(今回は伊藤園の健康ミネラル麦茶のペットボトルを使用)
    ペットボトルのくぼみが目安になり製作しやすいです。
  • 針金 太さ1.6mm  長さ40cm以上(針金ハンガーでも可)
    長さが短過ぎると強風時に風に飛ばされてしまいます。
  • ストロー(これがポイント)
  • カッター
  • ハサミ
  • ペンチ
  • キリ
  • 接着剤

作業手順

ペットボトルに針金を通す穴をあける

ペットボトル 穴あけ キャップ
ペットボトル 穴あけ キャップ
ペットボトル 穴あけ 底
ペットボトル 穴あけ 底

最初にペットボトルのキャップと底にキリで穴をあけます。

この時、穴の位置は中心から多少ズレても構いません、
多少ズレていた方が振動が出やすくて良いと思います。

穴も真ん丸でなくても構いませんが針金が引っ掛からない程度に大きめに穴をあけます。

ペットボトルを切り貼りして加工した後は力が入れにくくなりますので、先に穴をあけましょう。

ペットボトルを2分割

ペットボトルを2分割
ペットボトルを2分割

ペットボトルの底から2番目の溝の上側で切断します。

綺麗に切るコツ

  • カッターを突き刺した後、カッターの後ろ側を机に付けて右手で固定
  • ペットボトルを机に軽く押し付けた状態で回す

ハサミで切断しても構いません。

羽根の製作成型

ペットボトル風車 羽根製作
ペットボトル風車 羽根製作

このペットボトルは8分割になる様に縦溝がありますので、その溝の部分をはさみで切ります。

切り込みを入れるのは上から2番目の溝までです。

ペットボトル風車羽根成型
ペットボトル風車羽根成型

羽根になる部分を45度位の角度に曲げ、しっかりと折り目を付けます。

ここは力任せで頑張ってください。

ペットボトル組み立て接着

ペットボトル底部切り込み
ペットボトル底部切り込み

ペットボトルの底の部分に切れ込みを入れます。

今回は8か所切れ込みを入れました。

ペットボトル組み立て接着
ペットボトル組み立て接着

羽根の端の溝と底部の溝が合う部分まで押し込み

プラスチック用接着剤で接着します。

針金加工取付

ペットボトル風車 針金端末処理
ペットボトル風車 針金端末処理

針金をペットボトルの穴に通し、ストローを短く切った物を差し込み端末をペンチで曲げます。

ここでポイントはストローを短く切った物を入れる事です。(大きな穴あきビーズ等でも可)

端末加工のやり方によっては、風車が引っ掛かり回らなくなる事があるのですが、ストローを入れることにより引っ掛からなくなります

ペットボトル風車頭部分加工
ペットボトル風車頭部分加工

ペットボトルの頭の部分はストローを入れなくてもあまり問題はありませんが、一応ストローを組み込み針金を90度に曲げます。

接着剤が乾けば完成です。

設置方法

ペットボトル風車設置
ペットボトル風車設置

設置するときは風向きで風車の向きが変わる様にする為パイプ状のものを地面に差し込み、パイプの穴に針金を入れるだけです。

この設置方法で、風見鶏のように風上を向きます。

パイプ状の棒であればなんでも良いのですが、今回は園芸用支柱の折れてしまった物が手元にあったので切断して使いました。

おまけ 小技

・綺麗に作りたい場合はストローの代わりに大きな穴あきビーズを使ったり、完成後に色を付けると良いでしょう。
羽根の形を変えてみれば面白いものが出来そうです。

・モグラ除けの効果を大きくする為に、風車の中に小石やビーズ等を入れると音と振動が大きくなります。
角ばった石は回転が速くなると遠心力で一緒に回ってしまいますので丸い石かビー玉が良いと思います。
(住宅街では止した方が良いかも)

モグラ除けの効果は関係ない方も、庭に1つ設置しておくと風向きや風の強さが直感的にわかります。

以上、

追記 

接着剤を使わず早く綺麗に作る方法

接着剤を使わないで作る方法を見つけました。

この方法で作ると接着買いが乾くのを待つ必要がありません。(時間短縮)

又、接着剤を使わず組付け部の底の部品に切れ込みを入れないので、きれいに仕上がります。

作り方の大まかな流れは上記の内容と同じですが、羽の切れ込みの深さを替えます。

ペットボトル風車 切断個所
底から2番目の溝の上端を狙って切断します。

2分割時:底から2番目の溝の上端を狙って切断します。

ペットボトル風車 切断個所
上から2番目の溝の少し上まで切り込みを入れる

切り込みを入れるのは上から2番目の溝の少し上までです。

底の部品に切れ込み入れません。

あとは同じように羽を成型し組み込みます。

羽根の根元の溝と底部の溝が合う部分まで押し込めば接着剤不要できっちりとはまり込みます。

速く綺麗に作れるのは良いのですが、このはめ込みには少しコツが必要です。

ペットボトルの上と底をもって回しながらはめ込み
机の上に押しつけながら底のはまり込んでいない所を指で押し込む

上の写真は本当はペットボトルの上の部分を左手で持って押さえつけている状態 だと思って見て下さい。

まだベストな組付け方法が見つかっていませんが

  • ペットボトルの上の部分と底の部分を手で持ち、押し付けながらグリグリ回していると何かのタイミングでスポッとはまり込みます。
  • 机の上に押しつけはまり込んでいない所の羽を引っ張りながら底のはまり込んでいない部分を指で押し込むとうまくいきます。

2つの方法とも少しコツが必要で最初の1個はなかなかうまくいかないかもしれません。

どうしてもはまり込まない場合は、羽の付け根の切れ込みを更に長くすれば少し楽に組付けられると思います。

色の付け方の一例

電気絶縁用ビニールテープを使うと簡単に色付けができます。

羽を切る前に電気絶縁用ビニールテープを巻き付ける
羽切断時に鋏でテープが押し付けられる
  • 羽を切断する前に電気絶縁用ビーニールテープを(あまり引っ張らないよう注意して)ペットボトルに巻き付け張り付けします。
    (縦溝の部分はテープが浮いた状態です)
  • 電気絶縁用ビーニールテープ伸びますので、羽を切るときに鋏で押されてペットボトルの縦溝に付きます。
  • 気になる方は羽切断後に押えてテープを密着させます。
ペットボトル風車 接着剤を使わずにパチッとはめ込み
接着剤を使わずにパチッとはめ込み

電気絶縁用ビーニールテープは100均ショップでも入手できます(3巻で1パック)が、そんなにたくさんいらないという方はホームセンターでばら売りで数十円で購入実出来ます。

以上、

コメント

タイトルとURLをコピーしました