修理

扇風機分解修理 再び。 ベルハンマーを使ってみたら絶好調に?

扇風機のしゅうりにLSベルハンマーを使ってみたらすごかった修理

2年ほど前に分解・掃除・ボロン粉末(白い粉)を使用しての乾燥潤滑・組み立てで修理した扇風機ですが、最近急に調子が悪くなってきました。

再度分解修理、高級潤滑剤・スズキ機工株式会社のベルハンマーを始めて使ってみたら物凄く調子が良くなりました。

まだ再修理をしてから1カ月もたっていないので、様子見状態ですが・・・

スポンサーリンク

扇風機の調子が悪くなって来たので再度分解修理

前回修理からたったの2年で扇風機の調子が悪くなってしまいました。

この扇風機は冬の間も室内の空気循環用にサーキュレーター代わりに使っている物です。

以前分解したことが有るので分解も手慣れた感じでサクッと分解

前回 分解方法の詳細は こちら

分解してモーターの回転軸を観察して見ると・・・

ボロン粉末でのドライ潤滑にしたはずのモーター軸に油の様な物が付いています。
今回の不具合も油が原因の様です。
夏の暑い時期には油が柔らかくて問題を起こさなかったものが、冬季の室温の低下で油が固まりモーター軸の回転の抵抗になっていたのだと思います。

*なぜ注油していないのにモータ軸にあぶらがついていたのか?
 原因は大体想像が出来ています。
 我が家は部屋の作りがオープンキッチンなんです。

オープンキッチンの家は部屋が広く見えて視覚的には快適なのですが、料理をした時に出る油煙で
換気扇で吸いきれなかった目に見えない細かい油が空気中を漂って扇風機の軸に溜まったのだと考えられます。

潤滑油を使っても3~5年で油が乾燥してしまい不具合を起こし、
ドライ潤滑にしても室内の空気の中を漂っている油を吸い寄せて不具合を起こしてしまう。

どうせ、何年かで油を吸い込んでしまうのであれば、高性能な潤滑油を使ってみようか?と思い
何十年も前から知ってはいたけれども、お値段が問題で使った事が無かった高級潤滑油を思い切って購入、使用してみる事としました。

製品は スズキ機工株式会社のLSベルハンマーです。
ごく普通のスプレー式潤滑油であればホームセンター等で500円位からの値段で購入できるのですが、このLSベルハンマーのスプレー缶は内容量420㎖(原液170㎖+LPG〔高圧ガス〕)で、カタログ定価3,630円(税抜き)もします。

扇風機の羽の動きが悪くなって来たのでLSベルハンマーを使って再修理
Amazon Prime無料体験で送料無料

金額を考えると、1本を色々なところで手軽に使える物では有りません。

しかし、この製品は 超極圧潤滑剤とうたっている通り、金属同士が強い力で擦り合っている場所の使用に特化した商品です。

スズキ機工株式会社さんのホームページで確認してみると、銅板腐食試験でLSベルハンマーを使い圧力をかけてすり合わせると、

悪く言えば腐食するのですが、
スズキ機工株式会社さんの説明によると初動摩擦を利用し金属表面に直接作用し摩擦の少ない状態に改質(表面硬度を上げる)します。 と、書いてあります。

しかも、雨風やその他要因で潤滑油が流れ落ちても改質された金属表面の状態は変わることなく維持され、油切れによる焼き付きをある程度レベルで防ぐ事が出来ます。 との事です。

という事は、扇風機の軸と軸受けにLSベルハンマーを使用して、ある程度の時間がたってから余った油をふき取ってしまっても長期間扇風機の性能が保たれるという事になります。

・余談ですが、スズキ機工株式会社さんのホームページに載っている
超極圧性能試験機での実演は20年ほど前に 働いていた職場で見た事があります。当時も潤滑油の違いでこんなに摩耗の量が違うんだ!と、驚いた記憶があります。
(その時に見たメーカーさんがスズキ機工さんだったのかどうかは忘れてしまいました)

・もう一つ余談ですが、LSベルハンマーをバイクの保守用に使いたくて価格で躊躇ちゅうちょして購入には至っていなかったのですが、今回は 扇風機の修理 という大義名分たいぎめいぶんが立ちましたので思い切って購入しました。

大晦日の12月31日にポチリ、元旦1月1日の夕方我が家へ到着。Amazon様・ヤマト運輸様 お疲れ様です。
で、三が日も明けない1月2日の朝8時半ころ氷点下のもと、屋外で作業開始するおじさんって・・・

スポンサーリンク

LSベルハンマーの使用方法

扇風機の分解方法は前回の記事を見て頂くとして、

可動部の洗浄

軸受け部分をパーツクリーナーで洗浄。(汚れと油を洗い流します。)
パーツクリーナーはそれほど高価な物でなくて良いのでケチらずに使って、汚れと油をしっかりと洗い流します。

Amazon Prime無料体験で送料無料

パーツクリーナーを吹きかけた後、軸受け部分のゴミを取り除くために軸受け全体を動かし汚れと油を剥がすつもりでドライバーなどの軸代わりの棒を入れて、可動範囲いっぱいまでぐりぐりと回転させます。

扇風機の羽の動きが悪くなって来たので再修理 パーツクリーナーを使って油やごみの除去 

その後再度パーツクリーナーを吹き付けて掃除は完了。

上の写真はモーター後部の写真ですが、モーター前部はモーター軸自体をぐりぐりと回転させて掃除します。

LSベルハンマーを吹き付けてなじませる作業

今まで使った事が無かったLSベルハンマーを使ってみます。

軸受け部の外側・内側両方にLSベルハンマーを吹き付け30分ほど室内に避難。LSベルハンマーが狭い隙間に浸透する時間を待ち。
先ほどと同じようにぐりぐり回します。
この時、モーター軸にもLSベルハンマーを吹き付けていきました。

扇風機の羽の動きが悪くなって来たのでLSベルハンマーを使って再修理 初動摩擦を利用し金属の表面処理

この段階でぐりぐり回すのは、LSベルハンマーを軸受け全体になじませる事と、
初動摩擦を利用し金属表面に直接作用し摩擦の少ない状態に改質(表面硬度を上げる)します。
というメーカーさんの説明を信じての作業です。

しばらく ぐりぐりしていると、

扇風機の羽の動きが悪くなって来たのでLSベルハンマーを使って再修理 初動摩擦を利用してコンタミネーションが出てきました。

黒く汚れた油が出てきます。

これはコンタミネーションと呼ばれるもので、LSベルハンマーが金属を改質した時に発生する(改質金属粉作成中の工程の一部)のようです。

この汚れをふき取り、再度LSベルハンマーを吹き付け同じ作業を行います。

扇風機の羽の動きが悪くなって来たのでLSベルハンマーを使って再修理 コンタミネーションの拭き取り

面倒くさくなるまで何回も同じ作業を繰り前した結果
前部軸受け部・後部軸受け部・モーターシャフト から出た汚れた油を拭きとった後です。

かなりの量の汚れ?コンタミネーション(金属の表面が化学変化を起こして硬化・低摩耗になった残りかす)が出ています。

後は元通り組付けて修理完了、扇風機作動中に軸と軸受け部も化学変化を起こすはずなので、ある程度作動させてからもう一度掃除も含めて点検してみたいと思っています。

スポンサーリンク

掃除修理後の動作確認

前回と同じように、軸と軸受け部の芯出しの意味で、 回転・強 で、30分ほど屋外で慣らし運転後、家の中に持ち込んでファンヒーターの横でスイッチON!

おぉ~ 回転速度・弱でも何の異音も無く動いています。

修理前よりも回転速度・弱でのファンの回転速度が違う(早く回っている)気がします。

単なるフラシーボ効果かも知れませんが、「こいつ、やりおる」(なぜか上から目線)(by.スガリさんの感想文はいつだって斜め上・著者 平田駒 さんのパクリ リスペクト/オマージュ です)って感じです。

フラシーボ効果とは:
この薬はすごく効果がある薬だ!と言われて、他の粉(小麦粉等の人体に影響を与えない物)を飲んだ患者が症状が改善したという実験結果に基づいた言葉。
・思い込みで効果があると信じて、その通りの結果が得られる場合が有ります。

扇風機の起動時の反応の良さ・音の小ささは明らかに違うと実感できます。

後は、この効果がいつまで続くのか?
一旦余分な油(コンタミネーション)を取り除いた方が良いのか?

スポンサーリンク

3日後、1月5日、扇風機の動きが悪くなってきました。失敗か? 再度掃除組立で絶好調になりました。

1月2日に分解掃除をして、3日後の1月5日
扇風機の動きが悪くなりました。羽の回転に抵抗があり羽の回転が遅くなってしまいました。

ここまで記事を書いたのに、この記事はボツかな?と思いつつ再度扇風機を分解してみると・・・

後ろ側のモーター軸受けの部分の軸にたくさんのコンタミネーションとみられるものが付いていました(軸に黒く汚れた油が付いていました)

扇風機の羽の動きが悪くなって来たのでLSベルハンマーを使って再修理 コンタミネーションの拭き取り 後ろ側の軸受け

汚れた油を拭きとって再度LSベルハンマーを吹き付け再組立て。
後ろの軸受けに荷重がかかる様に、扇風機を倒して(扇風機の羽を空に向けて)風量・強で30分ほど慣らし運転。

一気に調子が良くなりました。
LSベルハンマーを吹き付けての初期摩耗でモーター軸と滑り軸受けの表面処理が出来て動きがさらに良くなったようです。

それから3週間後
1月25日現在。風量・弱で扇風機を始動させても絶好調で動いています。
以前よりも風量が上がったような気がします。

経過を見てこの記事に追記する予定です。

以上、

広告
スポンサーリンク
おじさんをフォローする
おじさんのやってみよう

コメント

  1. ささき より:

    なによりで御座います。
    私の場合は原液タイプとグリースタイプを持っているのでバイクのメンテナンスに使用してみましたが、体感できる何らかは無かったです。
    扇風機くらい単純なtheモーター!みたいなもののけ方が違いが顕著に現れるのかも知れませんね。

    • ささき より:

      もののけ→ものの

      • おじさん より:

        ささき様 いつもコメントありがとうございます。
        コメントを頂けると記事を書く励みになりうれしいです。
        この扇風機の軸受けはベアリング等は無く穴が開いているだけです、含油軸受けだったのかもしれません。
        今では油がすっかり抜けきった状態で金属同士が擦れ合っている状態です。

タイトルとURLをコピーしました