刈払い機(草刈機)を使って高枝切りに挑戦してみました。

刈り払い機(草刈り機)で高所の枝切りDIY

以前にDIYで高枝切のこぎりを自作して高い場所の枝を切断してみたのですが、
急ごしらえの高枝切のこぎりでは枝の太さ5cm位までしか対応できません。
(市販の高枝のこぎりの良い物を購入すればもっと太い枝でも楽に作業できるはずですが・・・)

体力と根気次第でもっと太い木の枝も切断できるのですが、おじさんは気力も体力もそれ程強くないので、楽に作業できないかといろいろ考えてみました。

刈り払い機用の回転刃で木を切断出来る物を発見

刈払い機(草刈機)の替刃をインターネットで検索してみると

木の切断も出来そうな面白い物がいろいろあります。

チェーンソーの刃が付いているチップソーを発見

チップソーの一種ですが、外周にチェーンソーの刃が付いた物を見つけた時は思わず笑ってしまいました。
この製品を発想して実際販売しているという事実に驚きました。

チェーンソーの刃の研磨をきちんと出来る人であればうまく使いこなせると思いますが、

刃先トルク(刃先に掛かる力)を考える刈り払い機で木の切断に使用出来るか不安なので今回は購入見送りとします。

使ってみたい!と思う一品です。

笹刈刃ととアサリ割り機で木を切る?

一番現実的かなと思える物は、笹刈刃を購入してアサリを付けて使用する方法です。

市販の笹刈刃はアサリが付いていないので、自分でアサリを付ける必要が有ります。

*アサリとはのこぎりの刃を互い違いに横へ飛び出させる形の物です。
のこぎりの刃の厚さより、アサリが付いた分切断幅が広くなります。

アサリが付いていないと横へ張り出した枝を下から切断する場合
枝の重さで枝がしなり、切断溝が狭くなり 枝が刃を挟み込んで動かなくなります。

ツムラの千鳥刃チップソーを購入

色々調べた後、近くのJA(農協)へ行ってみましたが、笹刈刃は売っておらず代わりと言ってはナンですが、

チップソーで、チップが千鳥型(切れ刃の向きが互い違いになっている)についている物を発見。

しかもアサリ付き(本当の意味でアサリ付きと言えるかは分かりませんが)
チップソー本体の厚さより切断幅が広くなる為、木の切断中にチップソー本体が挟まれて動かなくなる可能性が低くなります。

アサリ付き(千鳥刃)チップソー

これならばのこぎりと同じ原理で木が切れそうです。

試しに1枚購入してみました。

サイズは9インチと10インチが有りどちらにするか迷いましたが、切断トルク重視で径の小さい9インチの物を購入

*理論上、同じ力で回転して折る場合 直径が小さいほど外周(切れ刃部分)に掛かる力は強くなります。

刈払い機(草刈り機)に取り付けて試し切り

刈払い機(草刈り機)で高枝切り

使用する刈払い機(草刈り機)は竿の取り回しの自由度を考えて背負い式の刈払い機を使用します。

刈払い機(草刈り機)で高枝切り

枝を切った後の写真です。

足元は傾斜地で土が柔らかい場所の為、脚立が使えない場所です。

おじさんの身長は165cm位しかないのですが、2.5mの高さの枝は安定して無理なく作業が出来ました。

刈払い機(草刈り機)で高枝切り 直径7cm位

直径7cm位の枝を切ってみましたが、キックバックも無く綺麗に切断できました。

チップソーの直径が9インチ(約230mm)
刈り払い機の刃の取り付け部分の直径が約55mmです。

木の枝を左右(又は上下)から中心まで切断出来れば理論上では、直径175mmの枝まで切断可能なはずです。

後になって考えると、切断の原理がのこぎりと同じであれば・・・
 のこぎりを使って人力で木が切れるという事はそれほど強いトルクは必要ない様な気がします。

今になって、10インチの物を購入するべきだったと思っています。
(バカの知恵は後から出る・・・というやつです)

以上、

広告
DIYガーデニング
おじさんをフォローする
おじさんのやってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました