「本ページはプロモーションが含まれています」
DIY修理

1年半以上前に開封したシーリング材でも、保管方法が上手く出来ると残った分を再使用できます。

開封後1年半以上シーリング材(シリコンシーラント)を保存できた方法紹介

前回購入・開封したのが2021年8月のシーリング材(雨漏り修理に使用した残り)を、使用しようとして見たら、まだ使用出来そうなので2023年4月に再使用しました。

1年半前に開封したシリコンシーラントです。

通常はシリコンシーラントは短期間で使い切り、次回使いたい時には新品を購入する物です。
保管方法をしっかりとしないと残った部分はすべて固まってしまい、使用不可能となります。

コニシ・ボンド シリコンシーラントを開封から1年半後に再利用できた保管方法を紹介します。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント

一年半以上前に開封し、ノズル先端を空気に触れない様にして保管しておいた
ボンド シリコンシーラント です。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラントの製造番号

ロット番号/製造番号

LOT 105921
210527

と、記載されています。

(多分)2021年5月27日製造の物 という事だと思います。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント ノズル先端部をラップフィルムと電工テープで封印

シリコンシーラントのノズル先端をラップフィルムで包み、更に電工テープを強めに巻き付けて保存していました。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント ノズルを外してみると容器内のシリコンシーラントは固まっておらず、まだ使えそうです。

ノズル部分のシリコンシーラントは固まっていますが、
ノズルを外してみるとノズルの根元部分/シリコンシーラントの容器の口元は固まっていません。

使えそうです。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント ノズル内で固まったシリコンシーラントの取り外し①

ノズル内の どの部分までシリコンシーラントが固まってしまっているのか分からないので、とりあえず先端部分にコースレッド(木ネジ)をねじ込んで引っ張り出そうとしましたが。・・・

シリコンシーラントの ねじ込んだネジの部分のみが崩れて取れてくるだけで抜き取れません。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント ノズル内で固まったシリコンシーラントの取り外し②

引いてダメなら押してみろ!

ネジの頭を押し込むと簡単にノズルから(固まった)シリコンシーラントを抜き取る事が出来ました。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント ノズル内で固まったシリコンシーラントの取り外し③ノズル内のシリコンシーラントはほとんどが固まっていました。

ノズルの部分のシリコンシーラントはほぼすべて固まっていました。

1年半前に開封、保存しておいたシーリング材/シリコンシーラント コーキングガンにセットして使用可能です。

綺麗になったノズルをシリコンシーラントの容器に装着。
続いてコーキングガンに装着。

コーキングガンのレバーを引くと問題無くシリコンシーラントが押し出されました。

結論:シリコンシーラント/シーリング材は、開封後でも空気に触れない様に保存すれば1年半以上たっても使用できます。

以上、

Amazonプライム無料体験送料無料・お届け日指定。

コニシ ボンド シリコンシーラント 330ml グレー #55298
コニシ(KONISHI)
¥536(2024/04/18 11:29時点)
標準使用量(塗布量):12~13m/本(5×5mm目地)

コメント

タイトルとURLをコピーしました