東芝炊飯器 真空ポンプ修理(ポンプ部モーター交換終了)(第4回/全4回)

東芝炊飯器修理炊飯器修理
東芝炊飯器RC-10VSA

東芝炊飯器RC-10VSAの真空ポンプ交換修理

注文していたモーターが届いたのでモーター交換を行いました。

6400rpmのモーターで真空確認

真空ポンプの真空発生部とDC24ボルト 6400rpmのモーターを組み合わせます。

モーターDC24V 6400rpm
モーターDC24V 6400rpm

このモーターは軸の長さが長いので軸をグラインダーで短く加工します。

その後真空発生部と組み合わせるのですが、真空発生部とネジの取り付けピッチが合いません。

とりあえず真空ポンプがちゃんと作動するかどうかの確認のために電工テープを巻き付けて確認をしてみます。

東芝炊飯器真空ポンプ交換確認
東芝炊飯器真空ポンプ交換確認

ネジ留めではないので芯があっておらず振動は大きいのですが、きちんと真空がかかる様になりました。

モーター回転数は6400rpmで良さそうです。

しかし、振動が気になる為、このモーターが届くまでの間にきちんと取り付けできそうなモーターを探してあったので、さっそく注文して交換します。

真空ポンプのモーター交換 最終

この振動モーターの振動用バランサーを外して軸長さを加工して取り付けます。

バランサーを取り外す為にバーナーでバランサーを熱して抜き取ろうと思ったのですが、この製品はこの方法ではバランサーを外すことが出来ませんでした。

仕方がないのでグラインダーでバランサーを削り落とし、軸長さ調整も行いました。

真空ポンプモーター組み換え
真空ポンプモーター組み換え

思惑通りサイズがピッタリで取り付けできました。

真空発生部と組み合わせ炊飯器に取り付け

真空ポンプ取付完了
真空ポンプ取付完了

ゴムマットを敷いて、結束バンドで固定しました

試運転をしてみると真空ポンプはしっかりと働いています。

この振動モーターは回転数が6000rpmなので上記の6400rpmのものと比べると真空がかかるまでにだいぶ時間がかかります。

400回転/分の違いは思ったより大きいようです。

もし入手できるのであれば回転数6400rpm以上で同じサイズのモーターの方が良いのですが、見つからない為修理はこれで終了とします。

まとめ

東芝炊飯器RC-10VSAの真空がかかる音が大きくなった時には、モーターの軸受けが摩耗してしまっている可能性が高いです。

音が大きくなってそのまま使っていると真空発生部のゴムが切れて真空がかからなくなります。

自己責任で修理する場合は

上記真空ポンプの真空発生機部分と左のモーターの組み合わせで使用可能ですが、
・グラインダー等の工具が無いと加工がかなり面倒です。
・モーター回転数が6000rpmでは少し能力不足かもしれません。

これでこの修理は終了とします。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました