スポンサーリンク

農具の柄を補修(修理) 熊手の柄のササクレ対策

農具の柄の補修 ササクレ対策修理

正式名称は何というのか分かりませんが、

何十年も前から使っている
熊手(レーキ・ゴミカキ?)の柄の部分がささくれ立っていたので急遽補修しました。

家のおかーちゃん(妻)からは この農具は柄の部分がささくれ立っていて、「ささくれ立った刺が手に突き刺さるから使いたくない」と言われていたのですが、
まだ使える農具だからうまく使えばいいじゃないか と あまり気にしていませんでした。

私が手袋をして使用する時には刺が突き刺さるようなことが無かったので、そのままだったのですが・・・

田んぼの作業で使ったところ、ささくれ立った部分が手袋を突き通して手に突き刺さってきました

痛っ! おまっ ふざっ
(行間を含めて内容を訳すと 痛い!お前ふざけるなよ、手袋を突き抜けて俺の手に攻撃する奴は許せない・という事です)

柄の部分だけ交換しようと考え

田んぼ作業の帰りに農協(JA)へ寄ってみたのですが、柄だけでは販売していない様です。
買い替えてもそれほど価格が高い物ではないのですが、まだ使える物を買い替えるのも もったいないですし、
処分の方法も面倒なので柄の部分だけ補修することにしました。

仕上げの完成度から考えると熱収縮チューブで、ささくれ立った柄の部分を覆ってしまうのが良いのですが、熊手を買い替える時の価格と比較すると 意外といいお値段です。
(この製品が高いというわけではなく、妥当な価格設定だと思います)

100均ショップで物干し竿用の熱収縮チューブを売っていた気もするのですが、今でも売っているのか?寸法が合うか?・・・一瞬 100均ショップまで行こうかとも思いましたが、無かった時の労力の無駄遣いと喪失感を考え、手元にある物で補修する事にしました。

農具の柄を補修

用意した物は養生テープです。

梱包用テープ(俗にいうガムテープ)でも良いのですが、

養生テープは

  • 適度な接着力
  • 剥がしたときに糊残りが付きにくい
  • 手で簡単に直角に切れる
  • 剥がす時に、貼っていた物へのダメージが少ない
  • 塗装時のマスキングテープとして使える

等、使い勝手が良いのでおじさんは家に常備しています。

100均ショップでも売っていますが、100均ショップの物は長さが短い商品です。

柄の 手で持つ部分の先からテープを少し重ねて巻き付けます。

農具の柄の補修 ササクレ対策

このまま端まで巻いていけばよいのですが、この柄は少しテーパーが付いているようで、重なる部分が徐々に大きくなってしまいます。

養生テープを巻き付ける途中からはテープの中心部にわざとしわを作りテープを張り付ける角度を調整しながら端まで巻き付けました。

 テープの端にしわを作るとその部分に汚れが溜まってしまう可能性が有ります。

農具の柄の補修完了

養生テープの巻き始めの部分から剥がれてこない様に、巻き始めの部分を2~3重に横方向へ養生テープを重ねて巻いて補修完了です。

軽トラックの荷台に乗せたまま雨風にさらされて2週間後

農具(熊手)の柄の補修

テープの剝がれも無く順調に使用できています。

養生テープの表面は汚れが付きにくく、又 土や泥汚れがついても水洗いで簡単に汚れを落とす事が出来ます。

以上、

広告
修理
スポンサーリンク
おじさんをフォローする
スポンサーリンク
おじさんのやってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました