トラクター小屋に鳩が巣を作っていました。鳩の子育て観察日記

鳩の子育て観察その他

アレチウリが育ってしまったので、種が付く前に駆除しようと片付けていたら、鳩が巣を作って卵を温めていました。

勝手に生えてきたウリ科の植物をそのまま育ててみたらアレチウリだった

単管パイプで作ったトラクターの小屋にウリ科の植物が生えてきたので、とりあえず何がなるのかそのまま育てて見たのですが、何故か花が全く咲きません。この位置は過去にひょうたんや千成ひょうたんを育てた場所なので、何が育つか試しに育て続けていました。

トラクターを外へ出せば、いい作業場所になるので日よけも兼ねて育て続けていたのですが、小さな蕾が出来始めて、改めて調べてみるとアレチウリを大きく育ててしまったようです。

9月16日鳩の巣発見

アレチウリは環境省に特定外来生物と指定されている植物です。これが種を付けて大繁殖すると大変なことになるので、9月初め 花が咲き始める前に根を抜き取り全体を枯らして、9月16日に根元部分から片付けを始めました。

脚立を立てて上の部分を片付けていると、突然バサッと音がしたのでそちらを見ると、鳩が巣を作っていて親が逃げかけて巣の端によけていました。

アレチウリを片付ける手元しか見ていなかったので 気が付いていなかったのですが、手を伸ばせば届く距離まで、鳩は全く動かなかったようです。

この時卵が1個だけ巣の中にある事を確認できました。

トラクター小屋の隅で鳩が卵を温めています。
9月16日鳩が卵を温めています。

改めてカメラを用意して写真を撮りましたが、全く逃げる気はないようです。

そう言えば、9月初めにアレチウリの根を抜き取った時に 卵が1つ落ちていて、蛇の卵かな?と思いそっと土の中に埋めておきました。

今思えばあれは鳩の卵が落ちていたんだと考えられます。
(そもそも蛇の卵は真ん丸のはずです。)

改めて足元を見ると、何かに食べられた卵が落ちていました。

巣から落ちてしまい何かに食べられた鳩の卵

卵の数は、巣の中に1個、落下して何かに食べられてしまった物1個、落下した物を土に埋めてしまった物1個、 合計3個卵があったと思われます。
(土の中に埋めた卵を何者かが掘り起こして食べたとすれば合計2個ですが)

鳩の巣の補強

写真では解り難いのですが、この鳩は巣作りのクオリティーが低すぎます。

巣の大きさは鳩の胴体部分くらいで、親鳩の頭と尻尾は巣から飛び出ている様な寸法です。

巣の形はお皿の様に平たく、端の方は巣の素材の木の枝がスカスカで卵が簡単に落ちてしまいそうな状態です。

最後に残った1個の卵は無事に育ってほしいので、卵が落ちない様に巣の補強をすることにしました。
鳩が逃げてしまい、子育てを放棄してしまっては困るので慎重に作業を開始。

鳩の巣を玉ねぎの入っていたネットで補強

玉ねぎの入っていたネットをひもで固定し、隙間に枯れたアレチウリの枝葉を突っ込んで卵が落ちない様に補強しました。

紐を結ぶ際に鳩の背中の上あたりに手を伸ばさなければいけなかったのですが、鳩は逃げる事無くその場にいました。数回羽で手を叩かれましたが、逃げてはいきませんでした。

親の愛を感じます。

9月19日 無事に雛ひなが孵化していました

9月19日の夕方、脚立を立てて巣をのぞき込んでみると、親鳩が飛んで逃げて行ってしまいました。

卵から孵化したばかりの鳩のヒナ

巣の中を見ると雛が無事孵化していました。右上が頭でちょこんとくちばしが出ています。

この2~3日の内に孵化したようです。ひょっとしたら今日孵化したばかりかもしれません。体全体を出来るだけ小さくして身を守っているように見えます。
肌の色は黒色で、鶏のひよこの様な黄色い産毛が生えています。

大きさは5~6cm位ありそうに見えますが、物差しで測る訳にもいかないので少しの間観察して親の帰り待つことにしました。

親鳩が育児放棄をしては困るので、巣からは見えない所へ移動して親鳥の帰りを待ちます。

翌日の朝、2階から双眼鏡で観察すると、無事親鳥が帰ってきて雛を温めて守っている姿が確認できました。

9月21日 雛の様子は

鳩の育児放棄は避けたいのですが、気になってしょうがないので9月21日にまた脚立を持ち出して雛の様子を観察しました。

2日前は親鳥がすぐに逃げてしまったのですが、今回は親鳥が逃げません。
鳩の顔はみな同じに見えてしまい、雄雌の区別がつかないのですが、2日前にいた親鳥とは違う個体かもしれません。

雛鳥の写真を撮りたかったので近づくと親鳥が少しだけよけてくれたので、急いで写真を撮りすぐにその場から離れました。

雛の大きさは一回り大きくなっていたように思えますが、見た目は2日前とほとんど変わっていません。

黒い肌に黄色い産毛が生えている状態なので、カラスの雛の様にも見えます。

出来れば1日おきに観察をしたいと思っていたのですが、雛の見た目があまり変わっていない事と、親鳥の育児放棄が怖いので、またしばらくしたら雛の観察をしてみようと思います。

9月25日8時過ぎ 親の姿が見えません

9月25日の朝8時過ぎに見てみると親鳩の姿が見えません。
今がチャンスだ、という事で脚立を立てて鳩の雛の様子を写真に撮りました。

卵からかえって約1週間の鳩の雛

左上に見える単管パイプの太さは約5cmです。雛鳩の向きが斜めなので小さく見えますが、雛の大きさは10cm位に大きくなっているようです。

写真を改めてよく見ると、背中の部分に産毛ではない羽が生えてきているのが解ります。

拡大写真はこちら

卵からかえって約1週間の鳩の雛 産毛ではない羽が生えてきています。

昼前に巣を眺めたら親鳩がいましたので、朝は雛に与えるえさを取りに行っていて親鳩は巣にいなかったのではないかと思われます。

9月27日 だいぶ羽が伸びてきました。

親鳩はほとんど巣にいなくなり、たまに見かける程度です。雛のエサ取りにでも行っているのでしょうか?

卵からかえって約10日の鳩の雛 羽に模様が出てきました。

雛鳩の状態は、羽が大分伸びてきて、黒っぽい羽が 薄い色で縁取られて親鳩の羽に似てきました。

大きさもまた一回り大きくなっています。

9月29日 凄い速さで成長しています。

9月25日 朝の様子です。

頭の部分の羽も大分伸びてきて、黄色い産毛が段々隠れてきました。

こちらは夕方になって撮った写真です。

鳩の雛の向きが違うのですが、半日でだいぶ羽が伸びたように見えます。

たった半日でこの成長はすごいです。

体長は約15cmくらいになっています。

10月1日 ここまで育つと一見して鳩だなと解ります。

羽化してから2週間くらいの鳩の雛 ほぼ親鳩と同じような外観になっています。

頭の部分には根は生えそろい、産毛は見えなくなっています。頭の部分だけを見ると親鳥に近い形まで成長しています。
体はまだ少し 所々に黄色い産毛が見えます。

胸元の羽を膨らませて、威嚇しているように見えます。
(こわがらせてごめん!)

羽化してから2週間くらいの鳩の雛 近づくと羽を広げて威嚇してきました。

更に近づくと羽を広げて威嚇してきました。

羽の内側も大分生えそろっています、羽に隠されていた部分は黄色い産毛では無く白い綿毛が生えています。

10月2日 巣立ち

10月2日の朝、巣を覗いてみると雛鳩がいなくなっていました。

昨日か、今朝早くに巣立っていったと思われます。

夕方、翌日、と待ってみたのですが、もう巣に戻る事は無いようです。

まとめ

鳩の雛が孵ってから,巣立ちまでたったの2週間ほどです。

野生の動物の成長さには驚かされました。

近くに鳩がいるとつい見入ってしまい、家のはとかな~などと考えてしまいます。

巣立った雛が無事成長することを願いつつこの記事は終了です。

以上、

広告
その他
おじさんをフォローする
おじさんのやってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました