手汗がひどい人にはダイソーのクリアブックカバーがおすすめ

手汗対応にはダイソーのクリアブックカバーがおすすめその他

手汗あるあるの一つに、

本を読んでいると表紙や背表紙が汗でよれよれになってしまい。

1冊読み終えた頃には、「何回読み返したの?」というくらい本が傷んでしまう

という事が有ります。

この悩みはダイソークリアブックカバーが解決してくれます。

そもそもブックカバーは何の為にあるのか

書店で本を買ったときにブックカバーを付けてくれる場合が有るのですが、

  • ブックカバーを付けたまま本を読んでいる人はなぜブックカバーを付けたままなのか
  • 書店はなぜブックカバーをサービスで付けてくれるか、 を考えると

ブックカバーを付けたままにしている人は

  • 自分がどんな本を読んでいるかを他人に知られたくない
  • 本が傷まない様に大事に扱う

書店がブックカバーをサービスで付けている理由は

  • 本屋の宣伝の為

だと思います。

手汗がひどい人にとっては、書店でサービスで付けてくれるブックカバーは中途半端で使えません

本屋でサービスで付けてくれるブックカバーは薄い紙一枚を折った物ですが、

手汗がひどいと背表紙部分が汗でふにゃふにゃになり

一冊読み終わる頃にはブックカバーの背表紙の真ん中部分は擦り切れて穴が開いてしまうんです。

手汗をあまりかかない人には想像もできないでしょうが、手汗がひどい人にとっては大問題です。

本を傷めずに読むためにわざわざ手袋を使用している人もいます。

ダイソーのクリアブックカバーはコストパフォーマンス最高です。

いろいろなブックカバーを試してみましたが、現時点ではダイソーのクリアブックカバーが一番のお気に入りです。

  • 布製のブックカバーは汗を吸ってくれるのは良いのですが、乾きづらい・汚れやすい
  • 合成皮革の物は見た目が良く、汗を吸いにくいので比較的使い易いのですが、
    革を縫い付けている構造上かさばってしまい、少し邪魔に感じる時が有ります。
ダイソーのクリアブックカバーはコストパフォーマンスが良いです。

ダイソーで売っているクリアブックカバーです。

サイズは

  • 文庫版
  • 新書版
  • A5
  • B5
  • A4 の5サイズが有ります。

ダイソーのクリアブックカバーの使い方

ダイソーのクリアブックカバー

開いた状態です。

ダイソーのクリアブックカバー装着手順1

一旦 裏表紙を奥まで差し込み

ダイソーのクリアブックカバー装着手順2

次に表紙の表面を隙間に差し込み、奥までいっぱいに寄せて入れます

ダイソーのクリアブックカバー装着手順3

裏表紙の部分にはシールが付いているので必要に応じて保護シールを剥がし、

本の厚さに合わせてクリアブックカバーの余った部分を折り返し 貼り付けます。

ダイソーのクリアブックカバー装着完了

本の上下方向は5mm以上余裕が有りますので、読んでいる本を他人に知られたくない場合は書店でサービスして頂けるブックカバーを着けた上からダイソーのクリアブックカバーを装着することも可能です。

飛び出た部分は薄いのであまり邪魔になりません。

ダイソーのクリアブックカバーのコストパフォーマンスは

私は読書時の手汗対応の為にブックカバーを使っており、保管時はブックカバーは外してしまう為

このブックカバーを何回も使いまわして使っています。

使い方によりますが、一枚のクリアブックカバーで30冊(30回)以上は使用できます。

これだけ使える物が文庫版のサイズの場合12枚入って 100円+税 です。

まとめ

ダイソーのクリアブックカバーは

多分保管時にも着けたままを想定した商品だと思うのですが、

手汗が気になる方の読書時使用のみに限定して考えると

文庫版の場合

  • 文庫版サイズの場合12枚入って 100円+税
  • 使い方によりますが、一枚のクリアブックカバーで30冊(30回)以上使用可能

コストパフォーマンス最高です。

手汗が気になる方には知っておいて頂きたい商品です。

(私はダイソーの回し者ではありませんが、とても良い商品なので紹介しました)

以上、

広告
その他
おじさんをフォローする
おじさんのやってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました