「本ページはプロモーションが含まれています」
修理

スポットライトHEA1091Eの蛍光管EFD25をLEDに交換

スポットライトHEA1091Eの蛍光管EFD25をLEDに交換

ナショナル(松下電工株式会社/現在:パナソニック株式会社)の、配線ダクト取付型 パルックボール形蛍光灯 スポットライト HEA1091E(CE)は、パルックボール専用商品となっており、

本来は、パルックボールスパイラル蛍光灯D25形
FED25(EL/EN/ED)という型式の、ソフトクリームのような形をした蛍光灯を取り付ける事になっています。(消費電力:20w)

広告

しかし、パルックボールスパイラル蛍光灯D25形は、すでに生産終了品になっており、流通在庫で出回っている物を購入して取り換える事になります。

どうせ替えるのであれば(自己責任で)LEDライトに交換してしまえば電気代が安くなります。

この記事では、ナショナル(松下電工株式会社/現在:パナソニック株式会社)の スポットライト⦅本体型式:HEA1091E(CE)をLED化する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ポン付け(追加工無し)で、蛍光灯をLED照明に交換する方法FED25(EL/EN/ED)の代替LEDライトの紹介

まずは正論 ➡ メーカー推奨品を探して取り付ける方法

パナソニックさんのホームページの

住宅向け照明器具 LED電球検索サイト 

の検索欄に、照明器具本体の型式 HEA1091E を入力して検索をすると、いくつか候補の物が出て来ますが、正式に使用可能とされている物は有りません。

検索結果で一番上に出てきた物を紹介しますと、

判定結果△:使用可能だが免責が存在する。
ランプ品番LDT6DGST6
品名T型タイプ(昼光色) 60形相当(810 lm)  断熱施工器具対応 (E26口金)
不可理由照度ダウン

という結果です。

この結果が、どういう意味の事が書いてあるのかをわかりやすくすると、

HEA1091Eという照明器具に、LDT6DGST6という型式の(LED)電球を使うことは出来ます。
但し、元々付いていた電球と比べると、照度がダウンします(少し暗くなります)
しかも、メーカーとしては責任は取りません。(免責が存在する)

という事が書かれています。

免責めんせきとは:せきにんまぬがれる。という意味です。

ちなみに、ここで出てきたパナソニックのLED電球 LDT6DGST6 は、一般電球60型相当の明るさの物です。

自己責任で、FED25(EL/EN/ED)の代替品(100W相当の明るさの物)を見つけ出して取り付けました。

メーカーさんのサイトで、生産終了品の代替案は紹介するけれど、責任は取りません。という意味の事が書かれているのであれば、パナソニックの電球にこだわる必要は何もありません。

自己責任で、FED25(EL/EN/ED)の代替品(100W相当の明るさの物)を探し出して取り付けです。

ナショナル(松下電工株式会社/現在:パナソニック株式会社)の、配線ダクト取付型 パルックボール形蛍光灯 スポットライト HEA1091E(CE)のシェード内写真

この記事をご覧になっている方には、今更説明の必要が無いのですが、ナショナルのスポット照明器具 HEA1091E の中には、邪魔な?U字型の鉄の部品が付いており、口金の規格E26 が合えば、何でも使えるというような代物ではありません。
(このU字型の金具が付いている意味が分かりません。放熱に一役買っているというような部品でもなさそうですし・・・)

現在は、インターネット上を探せば、FED25(EL/EN/ED)の代替品を見つける事が出来るのですが、最初にLEDに変更しようと思った時(数年前)には、インターネット上の情報が少なかったため、

自分の足を使って使用できるものを探し出すという方法しか思い浮かびませんでした。

具体的にはどうやって代替LED電球を探し出したかというと、

照明器具本体を取り外して持ち歩き、ホームセンターの方にお願いして、使えそうなLED電球を実際に照明器具に取り付けて見て、U字型の金具と干渉しない物を選定して購入しました。

見つけ出した製品がこちら、

株式会社オーム電機 の LED電球 発光管露出形 E26 100形相当 13.5W 昼光色 全方向タイプ 130mm LDF13D-G-E26 06-1685 です。

ナショナル(松下電工株式会社/現在:パナソニック株式会社)の、配線ダクト取付型 パルックボール形蛍光灯 スポットライト HEA1091E(CE)に取り付け可能なLED電球の画像

広告

OHM LED電球 発光管露出形 E26 100形相当 13.5W 昼光色 全方向タイプ 130mm LDF13D-G-E26 06-1685
オーム(OHM)
¥1,427(2024/04/20 10:18時点)
【 特 長 】 ● 消費電力一般電球13.5Wで100形相当の明るさ ● 光の広がり約280°、全方向に明るいLED電球です。 ● ダウンライトにおすすめ ● 密閉器具、断熱材施工器具にも対応 ● 口金下向き器具だけではなく、口金横向き、斜め付け器具にもご使用できます。   (斜め付け:φ130mm以上が目安、横向き:φ150mm以上が目安) ● 省エネ法2017年度目標基準値達成

絶妙な?寸法です。

U字型の金具と、LED電球の根元の部分がぎりぎり当たらない寸法で取り付けが出来ました。

我が家は当時この照明器具が2個付いていたので二つともLED電球に交換しました。

消費電力もパナソニック純正の蛍光管(20w)に対して、
LED電球(13.5W)になり、少し省エネに貢献できました。

しかし、どのような製品でも多少なりとも、当たり外れがあります。

片方のLED照明が壊れてしまったので、また新たな事(違う電球を取り付ける)に挑戦してみました。

余談:LEDの寿命は半永久的!?

LEDという物が発明されて発表された当時は、電気の使用量が物凄く少量で済み、しかも寿命が(半)永久的に使用可能だ!という事で物凄い衝撃的な出来事だったのですが、

LEDの発光部の寿命が(半)永久的でも、そのLEDの発光部を発光させるための電器/電子部品の寿命がありますので、LED電球を取り付ければ永遠に使えるという訳ではありません。

スポンサーリンク

スポットライトHEA1091Eを分解・改良・組み立てして、邪魔なU字型の金具を取り外し、汎用LED電球を取り付ける方法

上で紹介したLED電球ですが数年間使っているうちに、2か所取り付けしたうちの片方のLED電球(4本の管で構成)の1本の管が、点いたり点かなかったりという状態の後、完全に壊れて点かなくなってしまいました。

同じLEDライトを購入し直せばよいのですが、少し違った考え方をしてみました。

話がそれるのですが、ここ数年の間に加齢に伴う視力の悪化で、今までより明るさが必要になって来たので、
現在は、レフランプ形のLEDライトを追加して使用しています。

配線ダクト取付型 スポットライトを4個取り付けた画像

レフランプ形のLEDライトを併用している事を考慮すると、
今まで使っていた照明機器の筒型のシェードを外してしまえば、取り付けるLED電球の選択肢が増えます。

配線ダクトからランプ⦅パナソニック HEA1091E(CE)⦆を取り外す方法

パナソニック EFD25の取り外しかた
画像で説明

スポットライト照明の本体は、配線ダクトの溝にストッパーで留められています。

取り外す際は、ストッパーを配線ダクトの溝から引き抜いて90℃左へ回して、スポットライト照明の本体を取り外します。

スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法

必要な道具:プラスドライバー 先端#1 長軸の物

ナショナル(現:パナソニック)のスポット照明機器 HEA1091E(CE)のシェード(セード/カバー)は、一見 はめ込み式のように見えますが、実際はネジ止めされていました。

スポット照明機器 HEA1091E(CE)から電球を取り外し、

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法①

2か所のネジを取り外します。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法②シェードを外した画像

白い筒状のシェードは簡単に外れたのですが、U字型の金具が邪魔です。

この邪魔なU字型の金具を取り外す為は、一旦ほぼ完全分解の状態まで行かないといけません。(ちょっと面倒ですが、ドライバー1本で作業可能です)

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法⓷

ソケットの奥にある2本のネジを外して、裏蓋を取り外します。
(分解・改良作業後、再度 裏蓋・シェード を取り付けて使用する場合は、この作業は必要ありません)

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法④

片側のネジは軸の長いドライバーで取り外します。

裏蓋を外してみると、ソケットが後ろの鉄板に固定されていました。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法⑤

表から見ると、ソケットの奥に取り付けネジが見えます。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法⑥

ソケット部の奥にある2本の取り付けネジを緩め取り、ソケットを鉄板から取り外します。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法⑦

ようやく(やっと)、邪魔なU字型の金具の取り付け部に到着しました。

2か所のネジをゆるめて、邪魔なU字型の金具を取り外します。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)の分解方法⑧U字型の金具を取り外し

この部分の2本のネジは完全に取り外す必要はありません。

U字型の金具の引っ掛かっている部分をかわして、U字型の金具を取り外します。

組み立ては、分解の逆の手順で行います。

同じ写真で説明する事になるので、細かな組付け方は割愛いたします。

スポンサーリンク

スポットライトHEA1091Eを分解・改良して邪魔なU字型の金具を取り外した後の使用例 2案

筒型のシェード(カバー)を外した状態であれば、E26口金のほぼすべてのLEDライトが取り付けられます。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)シェードを外して使用した画像

横に付いている、レフ電球用の取り付け金具と比べてしまうと、少し見劣りしますが、実際に電気をつけると、見上げた時には眩しいのであまり気になりません。
(見劣りする事を気にするかどうかは、各々の価値観にゆだねます。)

広告

極端な話、上の広告の様なシーリングライトを取り付ける事も可能です。

この大きなシーリングライトを取り付けた場合、E26口金のソケット部は、完全に隠れてしまうため、見た目は問題が無くなります。

筒型のシェード(カバー)を取り付けた状態であれば、元々付いていた物と比べて見劣りせず、LED電球の選択肢が増えます。

パナソニック スポットライト照明・ HEA1091E(CE)を改良して、汎用LED電球を取り付けた画像

白い筒型のシェードの内径は、先端部でおおよそ8cmです。

放熱の事も考えて、LED電球の外径は7cm以下ぐらいの物を選定した方が良さそうな気がします。

今回取り付けたLED電球は

コメリ オリジナルブランド(P・B)のLED電球の画像

Jenix 一般電球型LED電球 昼白色相当 100形相当 全光束(明るさ)1,590lm

この製品は、発売元が 株式会社コメリ となっていますので、ホームセンターコメリのオリジナルブランドの製品のようです。(PB製品)
(寸法 外径:60mm 全長:115mm)

ちなみに購入価格は税込み¥998(2024年3月現在)でした。

取り付けた後の見た目は、良いバランスではないでしょうか。

ホームセンターコメリ は、田舎にしかない、という事を聞いたことがあります。

都市部に住んでいらっしゃる方のためにと思い、
あらためてインターネットで同じくらいの寸法の物を探してみました。

広告

2024年3月23日現在:アマゾンのタイムセールで、同じくらいの大きさの物が、コメリよりも安く入手可能なようです。(何か・悔しいです)。

スポンサーリンク

まとめ パナソニックのスポット照明 HEA1091E LED化は簡単に出来ます。

パナソニックのスポット照明 HEA1091Eへの取り付け可能なLED電球の紹介と、
少しの改良/改造で、いろいろなLED照明の取り付けが出来る方法を紹介しました。

パナソニックのスポット照明 HEA1091E の中のU字型の金具は、プラスドライバー1本あれば取り外しができ、他社のLED電球を取り付け可能です。

やってみれば、然程難しい作業では無いので、やってみる価値はあると思います。

以上、

コメント

タイトルとURLをコピーしました